Tere!エストニア

エストニアに9ヶ月だけ移住した記録

未分類

タリンでオススメの観光地!テリスキヴィ・クリエイティブセンター(Telliskivi Loomelinnak)に行ってみよう!

投稿日:

久しぶりにエストニアのタリンについて情報を書きます。

タリンの旧市街は意外と日本人が多く、大抵の人はフィンランドから日帰り旅行で来ています。日帰りですとタリンの旧市街を観光するだけで良い時間になります。タリンの旧市街の情報は地球の歩き方などの旅行誌に載っているため、あえて私から紹介する必要はないと思っていますが、旧市街以外の情報はほとんどありません。

そのため旧市街以外の私がオススメするタリンの街をこれから少しづつ紹介してみます。是非、これからタリンに行こうと思っている人は旧市街以外のところも行ってみてはどうでしょうか?

タリンで最もオシャレな場所はテリスキヴィ・クリエーション・センター


旧市街から1番または2番トラムで約15分で行けるテリスキヴィ・クリエイティブセンター(Telliskivi Loomelinnak)。

ここが間違いなくタリンつまりエストニアで最もオシャレな場所だと個人的には思っています。日本でいうと代官山のような雰囲気です。元々、工場地帯だったエリアですが、テリスキヴィ・クリエイティブセンターを中心に可愛い小物や家具など販売する店が増えてきています。


クリエイティブセンターの中には雑貨屋、家具屋、カフェなどが数店舗あります。


特にオススメなお店はHomeartというところで、北欧デザインの小物があり、ここにしかないオリジナルの商品ばかりです。


Homeartには小さいですがカフェも併設されており、めちゃオシャレ!

他のお店もHomeart並にレベルが高く、オリジナル性があります。ウェブページにもショップリストが載っており、写真もあるので是非、事前に調べて訪れてみましょう。

⇒テリスキヴィ・クリエイティブセンターのショップリストはこちら

またテリスキヴィ・クリエイティブセンターの周りにも徐々にショップができています。

アウトレット店もあるよ!


テリスキヴィ・クリエイティブセンター入口向かい側にあるSfääR Outletは、ヨーロッパを中心としたブランドをアウトレット商品として販売しており2014年末にオープンしました。元々、新市街にあるSfääR というレストラン併設のファッションブランド店があり、そこがアウトレット店を出店して形になります。


ブランドはマルタン・マルジェラ、APC、アクネ、STONE ISLANDなどを扱っており、日本人好みのものが多いです。思わぬ掘り出しものがあるかもしれないので、寄ってみましょう。

⇒SfääR OutletのFacebookページはこちら

土曜日にはフリーマーケットが開催されます!


土曜日にはテリスキヴィ・クリエイティブセンターの横の建物でフリーマーケットが開催されます。

完全にエストニア人のためのエストニア人のフリーマーケットで、「買いたい!」というものを見つけるのは難しいかもしれませんが、雰囲気はあるので、もし可能であるならば土曜に行きましょう。

⇒ブリックフリーマーケットのFacebookページはこちら

まとめ

テリスキヴィ・クリエイティブセンター周辺は、エストニアで北欧デザインの雑貨を買いたい人にはベストな場所です。フィンランドで買うよりもよっぽどお手頃な値段です。

旧市街以外を観光したい人が訪れるべき場所の一つです!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私がエストニアに1ヶ月滞在して、できたこと、できなかったこと

エストニアに滞在して1ヶ月できたことと、できなかったことについて話したいと思います。 会社を作れた エストニアで有限会社(OÜ)を作りました。OÜはエストニアで有限会社を意味します。作ったといっても登 …

エストニアにはカジノもある!カジノがしたければラディソン ブルーホテル・オリンピアへGO!

エストニアにはカジノがあります。大抵のカジノは外国人オンリーで現地人は禁止なんてところが多いですが、エストニアはエストニア人であってもカジノでプレイできるみたいです。 エストニアで一番大きいカジノ運営 …

エストニアで非住居者向けの「e-resident」が遂に開始!非在住者でもIDカードが作れるよ!

エストニア政府が非エストニア在住者向けの「e-resident」を2014年12月1日からスタートさせました。 エストニアは「e-estonia」というプロジェクト名で世界最先端の電子社会を作ろうとし …

ラトビア・リガでノマドしてみた。バルト三国はカフェのインターネットはめちゃ早い!

私たち夫婦は何でも屋ですが、メインはウェブ屋です。 そのためインターネットがどこでも仕事ができるという訳です。最近は地方で仕事なんてのも流行っていますが、バルト三国という異国でノマドをしているのは日本 …

エストニア大使館でe-residencyを申し込もう!申請から発行までの流れを紹介します。

以前からお伝えしている通り東京の神宮にあるエストニア大使館で2015年4月1日よりE-Residencyの申請が始まっています。今回は既にエストニア大使館でe-Residencyを申し込んだからから、 …