Tere!エストニア

エストニアに9ヶ月だけ移住した記録

未分類

タリンの旅の家(Tabinoya)は、29歳の日本人が経営しているホステル

投稿日:

先日、とあることからエストニアのタリンにある日本人経営のホステル旅の家(Tabinoya)に訪問しました。こんなタリンに日本人が経営するホステルがあることに驚きですが、更にオーナーは29歳の男性です。若い!

日本人オーナーは26才からエストニアで事業をスタート


※右が余田さんで左が私

オーナーは余田太郎さんという方で、実は私がエストニアに移住した直後に滞在許可のことについてメールで相談をしていました。一度は挨拶に行きたかったのですが、私はタリンに住んでいるためホステルに泊まる必要もなく、ただお邪魔するのも仕事の妨げになるので自重していたのですが、今回は自然な形で初めてお会いできました。

エストニアには日本人が約100人しか住んでおらず、大半は留学生、日本大使館スタッフ、エストニア人と結婚した奥さんなので本当に限られたエストニアでビジネスをする日本人です。

ホステルの経営を2012年からしていますので、26歳から運営をされていたということです。26才から海外で事業を始めるなんて凄すぎますね…。話を聞いてみると20才になってからは色んな国を留学や旅で周り、日本にはほとんど帰っていないということです。

旅の家のお客さんは、ほとんどが欧米人


驚いたのが、日本人が経営しているにも関わらず、お客さんの大半が欧米人で、日本人はほとんどいませんでした。おそらく日本人率は1割以下です。エストニアに訪れる日本人が少ないということもあるかもしれないですが、日本人が営々しているホステルやゲストハウスは日本人宿化してしまうと思っていたのですが、旅の家を見る限りはそんなことはありませんでした。

日本人が経営する宿を、日本人宿化をさせずに欧米人を呼びこむのは、かなり難しいと思うのですが、オーナーの余田さんはかなり流暢な英語を話します。これがひとつの大きなポイントだと短時間の滞在で分かりました。

エストニア・タリンに訪れる際は”旅の家”で!日帰りなんてもったない


ホステルはこじんまりとした感じで決して大きくないホステルです。基本的にドミトリーですが、シングルルーム、ダブルルーム、3~4人部屋もあります。是非、タリンへ訪れた際は、旅の家に泊まってみましょう。オーナーの余田さんが色々とタリンの情報について教えてくれます。

エストニアに来られる日本人は大抵はヘルシンキからの日帰りですが、エストニアに日帰りなんて本当にもったいないですよ。

⇒旅の家(Tabinoya)の予約はこちら(Agoda)
※ダブルルーム、ツインルーム、3~4人部屋は公式ページからのみ予約可能です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エストニア大使館でe-residencyを申し込もう!申請から発行までの流れを紹介します。

以前からお伝えしている通り東京の神宮にあるエストニア大使館で2015年4月1日よりE-Residencyの申請が始まっています。今回は既にエストニア大使館でe-Residencyを申し込んだからから、 …

エストニア・タリンにある猫カフェ「Cat Cafe Nurri」に行ってきた!…というか近所にあります。

エストニアにも実は猫カフェがあります! ネコカフェはWikipediaによると台湾が世界初で次に日本がです。ただ日本には39店舗あり世界でも断トツに多いので「猫カフェ=日本」のイメージが世界的には強い …

地球の歩き方だけじゃない!エストニアの情報が書かれているガイドブック・雑誌まとめ

最近になり少しづつエストニアの観光情報が書かれたガイドブックと雑誌が登場しています。地球の歩き方はもちろん、他にも色々とあるので、是非エストニアに訪れる際は参考にしてください! ちなみにエストニアまで …

これからエストニアですべきことは、会計士を探すことです。

もう2015年の1月が終わろうとしています。 エストニアのロングステイビザを貰えてホッとしているのですが、このビザは僅か6ヶ月しか滞在ができません。7月中旬までです。 エストニアのロングステイ・ビザを …

さようならエストニア

2015年7月1日で予告したとおり私のエストニア生活も終わりです。 参考:エストニアを撤退することにしました。 お世話になった人への挨拶、エストニアで立ち上げた会社の閉鎖手続き、また家の引き払いなど色 …