Tere!エストニア

エストニアに9ヶ月だけ移住した記録

未分類

エストニアのメイド寿司屋スシキャット(Sushi Cat)に行ってみた!

投稿日:

エストニアには沢山の寿司屋があります。99%が現地エストニア人が経営しているもので日本人からすると、かなり衝撃的な店の外観や寿司のでき具合だったりします。

そんな寿司屋の中でかなりぶっ飛んだ寿司屋があります。スシキャット(Sushi Cat)というお店でスタッフ全員が猫耳メイドのコスプレ服を着ています。

エストニアの情報は日本語だとほとんどない現状ですが、このスシキャットだけはGoogleで検索すると結構でてきますw日本のメディアも取材したことがあるようで、日本人にとってはエストニアの観光スポットになりつつあります。

私の友人が年始にエストニアに遊びに来てくれたため、このスシキャットに行ってきました。


店内にはメイドがペイントされていますが、日本人にとってはかなり違和感あり。

あと決して怪しい店ではなく、家族連れで店に来ている人達もおり健全なお店です。

寿司はこんな感じです。値段は飲み物代込みで4人で40ユーロほどでした。そこまで高くありません。味もほとんどは普通に食べれるのですが、一部の寿司にはチーズが入っており、これはちょっと厳しいですw他の寿司屋でもチーズは当たり前のように入っていたので、これがヨーロッパの寿司では普通かもしれませんね。


帰り際に「写真を一緒に取ってくれませんか?」とスタッフのかたにお願いしたところ、快く承諾してくれました。

スシキャットはエストニアでもそれなりに有名な寿司屋です。是非、エストニアのタリンに来た際はスシキャットを訪れてみてください。旧市街の自由の広場から徒歩10分のところにあります。

またスシキャットのウェブサイトもかなり個性的です。

メニューも載っていますので是非行かれる方はチェックしてみましょう!

最後におまけ情報として、このスシキャット、支払いは現金でもクレジットカードでもOKなのですが、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)にも対応しています。エストニアでは初めてビットコインの支払いに対応したお店です。

にわかビットコイン・ファンの私としては、一度ビットコインで支払いをしたかったのですが、すっかり忘れておりクレジットカードで支払ってしまいましたw

また誰か友人がエストニアに来れば次はスシモンに挑戦したいです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラトビア・リガでノマドしてみた。バルト三国はカフェのインターネットはめちゃ早い!

私たち夫婦は何でも屋ですが、メインはウェブ屋です。 そのためインターネットがどこでも仕事ができるという訳です。最近は地方で仕事なんてのも流行っていますが、バルト三国という異国でノマドをしているのは日本 …

エストニア大使館でe-residencyを申し込もう!申請から発行までの流れを紹介します。

以前からお伝えしている通り東京の神宮にあるエストニア大使館で2015年4月1日よりE-Residencyの申請が始まっています。今回は既にエストニア大使館でe-Residencyを申し込んだからから、 …

エストニアの物価は安い!スーパーにある商品の値段をひたすら公開します。

最近、「エストニアに移住したい!」という問い合わせが徐々に増えています。 滞在許可が降りれば、そのような移住斡旋についてもビジネスにしたいと考えているので「是非、来てください!お手伝いします!」と言い …

さようならエストニア

2015年7月1日で予告したとおり私のエストニア生活も終わりです。 参考:エストニアを撤退することにしました。 お世話になった人への挨拶、エストニアで立ち上げた会社の閉鎖手続き、また家の引き払いなど色 …

安部首相も発行した”e-Residency”をエストニア大使館で申し込もう!

2015年4月1日よりエストニア大使館でe-Residencyの申請が開始しました。 「e-Residencyって何?」って人は過去に記事にしていますのでチェックして下さい。このe-Residency …