Tere!エストニア

エストニアに9ヶ月だけ移住した記録

未分類

エストニアにはカジノもある!カジノがしたければラディソン ブルーホテル・オリンピアへGO!

投稿日:

エストニアにはカジノがあります。大抵のカジノは外国人オンリーで現地人は禁止なんてところが多いですが、エストニアはエストニア人であってもカジノでプレイできるみたいです。

エストニアで一番大きいカジノ運営会社が「オリンピア(Olumpia)」というところで、タリンの中心地には至る所で目撃することができます。

但しエストニアの場合、カジノといってもスロットしかないところがほとんどで、マカオやラスベガスのような華やかさはあまりありません。


ただオリンピア(Olumpia)が運営するラディソン ブルーホテル・オリンピア併設のカジノはテーブルもあり、ブラックジャックやルーレットが楽しめます。ここがエストニアで最も大きいカジノです。


前回、ひやかしでカジノを覗いたのですが、新規ユーザー向けにスロット用のチャージ2ユーロ、サッカーtotoを2ユーロ、翌日以降に使えるカジノチップを5ユーロ分まとめて貰えました。

サッカーtotoは全世界で行われている試合を、どちらが勝つか引き分けるかを選択する3択を予想します。私の場合、AFF Suzuki Cup 2014のタイVSフィリピン戦の試合を掛けてみましたが残念ながらハズレ。これはハマっちゃいそうです。

またIT先進国のエストニアならではのサービスなのですが、なんとカジノのテーブル人数をリアルタイムでウェブで確認できます。

本当にエストニアはITに対する意識が企業、個人に関わらず高いです。

是非エストニアにカジノをする際にはラディソン ブルーホテル・オリンピアに行ってみましょう。無料でプレイできますしね!

<ラディソン ブルーホテル・オリンピア>


ホテル値段チェックにはExpedia、Agodaなどまとめて値段比較ができるホテルズコンバインドがオススメです!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エストニアで非住居者向けの「e-resident」が遂に開始!非在住者でもIDカードが作れるよ!

エストニア政府が非エストニア在住者向けの「e-resident」を2014年12月1日からスタートさせました。 エストニアは「e-estonia」というプロジェクト名で世界最先端の電子社会を作ろうとし …

エストニアに住むとライアンエアーでイタリアやイギリスに3~4000円で行けるよ!

エストニアに滞在1週間くらいです。ハトも寒そうです。 移住するにあたり現地銀行口座を作ったり、不動産を契約したり、会社を作ったりとしないといけない訳ですが、私はエストニアに留学や仕事をしていた訳でもな …

【海外ノマド】エストニアでの1ヶ月の生活費用を計算してみた

昨年エストニアに嫁と移住したおのだ@kankeri02 です。 エストニアでは会社を設立して起業ビザという形で住んでいますが、まだスタートさせたばかりのためエストニア関連の収益は皆無です。ただ日本にい …

タリンの旅の家(Tabinoya)は、29歳の日本人が経営しているホステル

先日、とあることからエストニアのタリンにある日本人経営のホステル旅の家(Tabinoya)に訪問しました。こんなタリンに日本人が経営するホステルがあることに驚きですが、更にオーナーは29歳の男性です。 …

no image

エストニアはフィンランド・ヘルシンキから日帰り旅行も可能です。

エストニアの首都タリンは、フィンランドの首都ヘルシンキから船で2時間程度で移動することができます。 日本と韓国も福岡-釜山であれば同じような時間で船で移動できますが、エストニアとフィンランドは首都同士 …